昨日の郊外暮らしの再成塾は,九大黒瀬先生を講師に,デトロイトの衰退と再生を題材にワークショップを行いました。

参加者数は,過去最高の29名。ココカラでギュウギュウになりながら,熱い議論を交わしました。

また,おまけ編として,吉浦さん,吉田さんから,午前のワークショップ成果の報告もしていただきました。

会を重ねることに,毎回新しい視点を提供いただきながら,日の里の暮らしをより魅力的にするベクトルやアイデアがかなり見えてきたように思います。

次回は,1月17日,長崎で空き家を子どもたちと再生して居場所を運営している片山夫妻に,お話いただきます。